賃貸物件の入居には火災保険への加入が必要

賃貸物件を借りる時には、火災保険への加入を義務付けられています。
入居の必須条件としている不動産会社や、大家さんがほとんどですから、保険の加入を拒否する場合には入居できないこともあります。
この保険は、万が一火災などに遭ってしまったときに、その損失分を補償してくれる大切な保険ですから、絶対に加入しておくべきですね。
家電製品や家財道具が損害を受けてしまった場合に、決まった金額までの補償してもらうことが出来ます。
火災保険料については、加入するプランによって異なってきます。
保険料が高くなればなるほど補償も手厚くなってきますが、あまりに高すぎる保険料ですと、経済的な負担となってしまうこともあります。
入居する物件に見合った金額の保険のプランを選ぶようにしてください。
保険の契約期間は2年間となっていることが多いですね。
賃貸物件の更新の際に、火災保険の更新も同時に行うことになります。
賃貸物件を継続的に借りる時には、更新料と保険料の支払いがあることを頭に入れておいてください。
参考:賃貸マンションの火災保険の選び方