交通事故で障害が残ってしまった時の相談

交通事故で大きな怪我をした時、入院中の費用は保険でどうにかなるか、と考える人が多いものです。
しかし、万が一、重い障害が残ってしまい、以前のように働けなくなってしまった時のことを考えた事はありますか?
退院後のことなので、任意の医療保険も対象外になる事が多いのが現状です。
公的介護保険の対象者は40歳以上で、しかも65歳までは加齢による特定の疾病が原因の時のみの適用なので、働き盛り世代は特に注意が必要です。
では、若い人たちにはどのような保証があるかというと、自治体によっては介護サービスを行っている場合もありますが、基本的に何割かの実費負担がありますし、対応は各自治体によってさまざまです。
また、身体障害などの障害年金も、障害があれば誰でも受け取れるというわけではなく、一定の受給資格の要件を満たさなければ受け取ることができません。
公的支援の対象外になってしまったけれども、交通事故の後遺症が原因で以前のようには働くことができずにいる人は、実は少なくありません。

このような方たちのために、交通事故後の異議申し立てに詳しい専門弁護士の方々が、ウェブ上で情報を公開しています。。
後遺障害の等級に見直しについても多くの情報が掲載されているので、検索して情報を集めてみることをおススメします。