性病の中でも特に恐ろしいエイズとは

エイズという病気はHIV感染症と一緒にされてしまいがちですが、エイズはHIVが感染する事によって免疫機構がうまく働かなくなってしまい、ニューモシスチス肺炎であったりカポジ肉腫を引き起こした状態を言います。
その為、多くの方がエイズと認識しているのはHIV感染症の事なのです。

このHIV感染症がどのような性病なのかというと、HIV感染症に感染している方の血液や精液、膣分泌物の中に存在するHuman immunodeficiency virusが、目に見えない程の小さな傷口から入り込んで感染する性感染症です。
Human immunodeficiency virusの頭文字をとってHIVと言われているのです。

日本国内でもHIV感染者の数は毎年1,500人ほど増えており、自己防衛などが必要になってきます。
HIVを初めとする性病にならないために特に重要になってくるのが、不特定多数の方とのセックスを控える事です。
セックスによって感染することの多いHIVは、セックスをした相手の人数が増えれば増えるほど、当然ですがリスクも増えて行きます。

また性病に対してしっかりとした知識を得る事も重要になってきますので、性病の詳細をもっと知りたい方、もしかして自分が感染の疑いがあると不安に感じた方は、ホームページで内容をチェックし、自宅でできる性病検査キットを利用してみてはいかがでしょうか。